LSMコンサルティングメニュー

ロジスティクスの改革は、企業の競争力や収益、体質改善に大きな影響力があり、経営においては益々重要度が高まって

います。 ロジスティクスを「経営」と「現場」の2方向から考えることで、貴社にとって“あるべき姿”の物流センター運

営を支援いたします。

 

ロジスティクス設計コンサルティング

現状診断から、物流全体設計までトータルでのコンサルティングを行います。

 

a.ロジスティクスシステムコンサルティング

物流の最適化に重要なWMSの要件定義~ベンダー選定~設計~運用支援までサポート致します。

 

b.ロジスティクスマネジメントコンサルティング

・ 倉庫設計、業務設計、配送設計と、要件定義から各種ドキュメントへの落とし込みまでサポートします。

・ 生産性管理指標(KPI)の策定と管理手法、コストの可視化についてコンサルティングを行います。

・ コンサルタントを現場に配置して、業務指導、改善指導、運用支援(会議体含む)までサポートします。

 

アジア一貫物流支援

主要生産地である中国から日本国内納品先へのダイレクトな物流構築を支援致します。

 

・最適な輸送ルートの構築(調達集荷~ドレージ~フォワーディング~日本国内輸送)

・品質重視のQC、仕分けセンターの構築

コンサルティングフロー

物流オペレーション調査

(基本的な体制)

3~4名をプロジェクトメンバーとして調査、分析、成果物作成、結果報告をさせて頂きます。

現場オペレーションの資料、ヒアリング調査

現状調査に必要な各種データ

現場オペレーションの実地調査

現在の
オペレーション
マニュアル

外注委託の
サービス要件

リーダー:

全体進捗
管理
統括窓口

物流品質とコスト効率実態調査

スタッフ:

調査、
分析管理
担当窓口

倉庫レイアウト

物流事業所の
入出庫・在庫
データ

物流拠点の流量分析と作業効率分析

物流拠点間の流量分析調査

物流現場の
作業効率
データ

販売チャネル別
売上データ

(基本的な進め方)

現場視察とデータ調査、関係部署からヒアリングによる実態調査

作業品質と顧客サービス実態調査

各物流拠点の
コストデータ

各物流拠点の
営業費データ

作業効率異常値の原因調査

1.

現場に正確な情報がない場合、内容によって実地調査が必要

配送費データ

現在の
情報システム
資料

改善のシミュレーション分析

2.

定期的な中間進捗報告

物流拠点の作業品質とコスト構造の改善分析

物流事務所の
管理会計
データ

中期経営計画
の目標値

作業品質、効率改善時のコストシミュレーション

分析報告、ディスカッション、再調査による改善策の具体化、詳細化分析結果から再構築の効果測定及びRFPの作成

改善のためのシステム等の投資対効果の
シミュレーション

Point1

SCM改革への取り組み
物流網を国際的な視点でとらえ、
適材適所で最適な取り組みを行っていく。

Point2

シームレスな運用体制 中国(生産地)からの一貫物流の体制を 構築する事で、調達・国際輸送・在庫管理・ 店舗配送がシームレスに運用可能となります。

Point3

コストパフォーマンスの最大化 上記の施策より、2重コストや付帯コストを 最大限に圧縮でき、付帯的コストも最も廉価 なエリアで対応する事が可能となります。

Point4

情報流の最適化 一貫物流網を前提とした包括的な情報流、 ネットワークを構築し、経営指標の可視化 及び垂直統合的なコーポレートガバナンスを 可能と致します。

 

中国国内
集荷輸送インフラ

大連

天津

大阪

東京

青島

福岡

日本国内
集配輸送インフラ

上海

厦門

香港

国際輸送インフラ

ページトップへ