アジア検品サービス

検品サービスの特長

(1)3段階品質検査
品質検査のバラツキ、見逃しを予防します。

(2)品質検査ラインと補修室の完全分離
ベンダーの検査場の入室を防ぎ、不正A品の混入を防止します。

(3)B品箇所は通し検査で全て抽出する
通し検品を行い全ての不具合を一度で抽出します。
検針機対応のB品札を運用し、A品に戻った際のB品札の抜きもれを防ぎます。

(4)検針ラインの徹底管理
検針エラー発生の際は、専任者が専用キーにてアラームを解除し、
再起動するルールとし不正検針を防止します。

(5)日本基準、日本用語での検品判定対応
A品確定は日本での品質管理レベルにて検品のスペシャリストが対応します。